プチ起業

ハンドメイド作家の収入源まとめ♪【多角化がおすすめ!】

ハンドメイド作家の収入に興味はありますか?ミンネやクリーマなど、有名マッチングサイトの売れっ子さんはかなり稼いでいるなんて噂もありますよね。しかし、一般人の場合はなかなかそうもいきません。そこで、今回は普通のハンドメイド作家の収入源についてご紹介します。

ハンドメイド作家は本業でやっていける?

ハンドメイド作家は本業で食べていけるでしょうか?ミンネで売れっ子作家を見てみると、商品アイテムも多くて、なんだかお店のような印象を受けます。本業でやっている方というのはこうなんだな~と思ったりするほどです。

一般的には、自分で作って自分で売るので、制作時間を考慮すると、なかなか商品点数も伸びないのが普通です。よって、売れても収入はそれなりですし、それ以前に、売れるか?という問題もあります。

しかし、発想を変えれば、なにも収入源を作品の販売だけに絞る必要はありません。せっかくスキルがあるのだから、大いに活用して、最大限に稼ぐように心がけるべきでしょう。つまり、多角経営に打って出るのです。

もしも販売だけに絞るのなら、販路の多角化が手っ取り早いです。マッチングサイト、自分のネットショップ、フリマ、直接の取引契約、などがスタンダードでしょうか。しかし、売るためには、その前に作品を作らなければなりません。極論で言えば、生産数を伸ばすためには部分的な外注が近道かもしれません。

ハンドメイド作家の収入源(講師編)

販売以外の収入源を見て行きましょう。作品だけをひたすら作っていたい、というインドア派には少々キツいかもしれませんが、もしもマルチ人間であれば、ハンドメイドが大ブームの現在は、仕事はいくらでも転がっていると言えそうです。講師系のものをいくつかご紹介しましょう。

①カルチャースクールの講師

もっとも定番なのが、こちらのカルチャースクールの講師です。カルチャースクールの講師は意外に門戸が広く開放されていて、たいていスクールのサイトをよく見ると、「講師募集」のページが用意されています。そこから経歴書や講座内容を送って応募すれば良いです。

②自宅でお教室

手軽に始められるのが、自分でお教室を開くものです。自宅でできるので、ブログやホームページを開設して募集をかけて待てば良いです。口コミも有効ですね。カルチャースクールの講師と兼用すると、プロフィールにも記載できて、信用度がアップするでしょう。

③マッチングサイトに講師登録

最近は習い事のマッチングサイトがたくさんあるので、それらを使わない手はありません。自宅や出張型、あるいは教室をレンタルするなどで用意して、マッチングサイトで生徒を募集します。具体的には、「ストリートアカデミー」「サイタ」などが有名です。また、ネット上でメッセージだけでやりとりするアドバイザーみたいな仕事も人気で、「ココナラ」などが代表例です。

ハンドメイド作家の収入源(ニッチ編)

講師以外の収入源も用意しておくと手堅いでしょう。ハンドメイドをテーマして、収入を得られる仕組みがいくつもあります。主にネットを活用する、もしくは経由するのが主流のようです。

①自分のハンドメイドブログに広告を貼る

自分でブログやホームページを運営して、それに広告を貼るものです。アフィリエイトやグーグルアドセンスなどが代表例です。ハンドメイドをテーマにして、自分の作品や想いを発信することができるので、書くのが苦にならない人にはうってつけです。

②ハンドメイドの動画に広告を貼る

ユーチューブに動画アップして、そこに広告を貼るものです。グーグルアドセンスの審査に通過すると、ユーチューブの広告も貼れるそうなので、セットで準備しておくと良いでしょう。ハンドメイドの作業手順の動画など、お役立ち系が素敵です。

③ハンドメイド専門のWebライター

私がもとWebライターなので、特におすすめしますが、最近、時期によってはハンドメイドに関する記事の募集をよく見かけます。そういうニッチな仕事に応募して、獲得していくと良いでしょう。記事の書き方や画像の貼り方など、ブログやホームページを作る上でのノウハウも身につきます。1文字1円以上の仕事を狙うこともできるかもしれません。「クラウドワークス」で探すと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?ハンドメイドは今が旬なので、雑多な仕事でよければいろいろありますね。

趣味も兼ねて気分転換がてら気楽にトライするとよさそうです。インドアとアウトドアをバランス良く選ぶとベターかもしれません。

以上、ハンドメイド作家の収入源についてのおまとめでした。

-プチ起業
-,

Copyright© プチ起業Labo , 2020 All Rights Reserved.