プチ起業

セミプロへの道!料理写真の綺麗な撮り方まとめ♪【ポイントは3つ!】

お料理写真の腕に自信はありますか?例えば、美しい料理写真をインスタに投稿する人気デリスタグラマーの場合はポイントがありますよ。「自然光」「構図」「彩り」に気を遣っているそうです。 どうやらこの3つがポイントのようですよ。今回はそんな料理写真の撮り方についてご紹介します。

自然光を上手に活用しよう

屋内で食べることが多いお料理ですが、なんともっとも美しく撮れるのは「自然光」の下で撮ることだそうです。つまり、太陽に光の下で撮るのが良いのです。人気デリスタグラマーなどは、圧倒的に自然光で撮影しており、このため、撮影タイムは午前中と言うことが多いそうです。

デリスタグラマーのインスタ画像には、ボリューミーな料理がずらりと並びますが、あれって夕食ではなくて午前中に作って撮っているのですね。そのくらい、自然光と人工光は写真に差が生じるもののようです。

もちろんキッチンは部屋の中にあって、外で作っているわけではないため、テラスやベランダで撮影する以外は、部屋の中で撮ることになります。この際、窓際や、光が良く入るところを選んで、撮影場所にしているようです。

自然の光を十分活用し、加工アプリの使いすぎにも気をつけて、ナチュラルな色合いや質感を出すよう心がけるのだとか。接写(マクロ撮影)で撮ることも大切で、その料理を一番特徴付けている部分を狙って接写するのがベストだそうです。

構図を押えればプロ級に!

美しいお料理写真のために、もちろん構図は重要です。構図というとなにやら難しいものを想像しますが、意外に簡単なテクニックがあります。3つご紹介しましょう。

①料理を中央に置かない

まずは料理を中央に置かないことです。これは一品料理だけを写す際に、ついうっかりやってしまうことではないでしょうか。料理を中央において撮影すると、それだけで素人の写真になるそうです。中央より左右上下にズラして撮るようにしましょう。

②斜め45度の角度

アングルの角度については45度が良いそうです。もっとも悪い例は、真上から撮ることだそうです。これもやりがちですね。ものが一番立体的に見えるのが45度のようです。

③余分なものを写さない

気を散らすような余分なものを写さないことも大切です。あくまでも料理に焦点を当てましょう。料理を小さく写すのではなく、大きく撮ります。もちろん全部が入りきらなくてもOKです。

最後はなんといっても彩りセンス

外食の場合は無理かもしれませんが、自分でお料理を作って、自分で撮影する場合、彩りのセンスを最大限に発揮するとよいでしょう。鮮やかな色合いや、コントラストを加味するように心がけたいものです。

また、ソースのかけ方やトッピングの散らし方など、ちょっとしたことでも差がつくそうなので、黄金比率なども覚えておくのも良いです。一番いけないのは、前髪の分け方と同じで、真ん中で真っ二つというものだそうです。避けるようにしましょう。

さらに、キャラ弁やアイシングクッキーのように、可愛らしさを出す方法も有効です。手間をかけるだけの価値はありますよ。野菜やウインナーのカットから、置き方、飾り付けにも気を抜かないようにしましょう。

キャラ弁がメジャーになって以降、トッピングや彩り系のいろんなキッチングッズが出回っているので、上手に活用すると良いでしょう。いくつか揃えておくと、時短効果も発揮してくれます。人気デリスタグラマーの投稿時間は約20分間だそうなので、サクッと作業できるように工夫していくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?高価なカメラを買わなくても、スマホで十分できるテクニックばかりです。

一番重要なのが「自然光」だそうなので、まずはそこからトライすると良いでしょう。お料理が活き活きと写せるに違いありません。

以上、料理写真の撮り方についてのおまとめでした。

-プチ起業
-, , , ,

Copyright© プチ起業Labo , 2020 All Rights Reserved.