プチ起業

食品衛生責任者とは?資格取得方法まとめ!【東京都&全国♪】

食品衛生責任者の情報をお探しですか?各都道府県によって講習会が行われていますが、たくさんの方が受講しているようです。 東京都では毎月数回、数カ所で、百数十人ずつ募集しています。どの会場も満席なんですよ。今回はそんな食品衛生責任者についてご紹介します。

食品衛生責任者とは

飲食店など食品関連の営業許可施設において、選任して保健所に届ける必要があるのが、食品衛生責任者です。この食品衛生責任者の資格を得るためには、都道府県が行っている食品衛生責任者養成講座を受講しなければなりません。

食品衛生責任者養成講座は、どこの都道府県でもかなり多めに開催されていて、受講者も毎回満席になるほど多いので、非常に需要のある資格のようです。飲食関連のお店を始める方がとても多いと言うことでしょうか。

仕事内容は、もちろん「店舗の衛生管理」です。口に入れる食品だけに衛生は重要課題ですよね。具体的には、設備の点検、従業員の健康管理、衛生管理表の作成、食材の管理とチェック、などがあるそうです。

世の中には、まれに食中毒を出してしまうお店もあって、ニュースで騒がせしたりしますが、最悪の場合は死亡例もあるため、厳重な注意が必要です。そんなトラブルを未然に防ぐための店舗の責任者と言えるでしょう。

食品衛生責任者の資格を得る方法

食品衛生責任者の資格は、各都道府県で行われている養成講座を受講して、修了証を取得して、めでたく資格ゲットになります。

養成講座は1日で終了し、時間数は約6時間です。都道府県によっては6時間未満のところもあるようで、その場合は、別の都道府県で認められないこともあるそうです。例えば、6時間未満の養成講座で取得した食品衛生責任者の資格は、東京都では活用することができません。

費用はおおむね1万円です。これは全国一律料金とも言われていますが、埼玉県で調べたら9000円だったため、実際には都道府県によって、若干違いがあるようです。

会場では、「食品衛生責任者ハンドブック」というテキストが配られます。公益社団法人日本食品衛生協会というところが出しているもので、授業はこのハンドブックに沿って行われます。ハンドブックは資格取得後も活用する機会が多いと思うので、なくさないようにしましょう。

講座を修了すると、修了証がもらえますが、当日中にもらえるようです。なので、その日のうちに、食品衛生責任者の資格をゲットして、帰宅することができるでしょう。

食品衛生責任者についての豆知識

食品衛生責任者の豆知識をご紹介しておきましょう。この資格は、日本人だけでなく、外国人でも取ることができます。異国のお料理を提供するお店なんて素敵ですよね。ただし、その場合はいくつか条件があります。

具体的には、まずは日本語が理解できることです。おそらく日本語以外の言語の対応していないのでしょう。そして、残留カードもしくは特別永住者証明書を持っている必要があります。それなりの年数、日本で暮らしている方が対象のようです。

また、講習会はキャンセル待ちもあって、当日に会場にて登録することができます。ただし、当然ですが、欠員が出なければ受講することはできません。申込みの状況を見る限りでは、すぐに満席になってしまうため、早めに準備したほうが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?この食品衛生責任者の資格を取る人は非常に多いです。

東京都はもちろん大人数ですが、埼玉県でも頻繁に講習会が開催されていて、ことごとく満席状態です。

飲食系の事業は新陳代謝も激しいのかもしれません。

以上、食品衛生責任者についてのおまとめでした。

-プチ起業
-, , , , , ,

Copyright© プチ起業Labo , 2020 All Rights Reserved.